AI活用

第188話|データサイエンス×感覚が、より良い未来をもたらす

第188話|データサイエンス×感覚が、より良い未来をもたらす

「AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争」 (光文社新書、2020/7/15)という書籍が出版されました。 AI技術でモノクロ写真をカラー化し、そのカラー化を、その時代を知る人の記憶などを手掛かりに修正する、という...
第173話|人手を介さずにコンピュータの中で学習し進化し続ける「データ・コンティニュアス・インプルーブメント」

第173話|人手を介さずにコンピュータの中で学習し進化し続ける「データ・コンティニュアス・インプルーブメント」

データを使いモノゴトを改善し続けよう! という動きは、昔からあります。 有名なところでは、生産現場のSQC(統計的品質管理)活動です。 「統計的」という枕詞が付いている通り、データを集め分析し品質を高めるための改善活動を...
第169話|データ分析・活用のメリットを疑われたら、当たり前の結果を当たり前に出さないといけない

第169話|データ分析・活用のメリットを疑われたら、当たり前の結果を当たり前に出さないといけない

データを使うことに不慣れな組織や人の場合、データから導き出された結果に対し極端な反応をします。 あり得ない期待を抱くか、もしくは無関心(期待0)か、のどちらかです。 なぜ両極端に振れるのか分かりませんが、その振れ具合が最...
第168話|データから今までない気付きを! と言いながら、そのような発見があると現場感と違うと拒否られる件

第168話|データから今までない気付きを! と言いながら、そのような発見があると現場感と違うと拒否られる件

よくデータ分析などを実施する前、「データから今までにない気付きを得られるのではないか!」と期待されることがあります。 要は、データマイニング的なデータ分析です。 しかし、不思議なことに、データから今までにない気付きが発見...
第137話|データサイエンスで、日本社会の閉塞感に風穴を開ける!

第137話|データサイエンスで、日本社会の閉塞感に風穴を開ける!

1989年(平成元年)1月8日から2019年(平成31年)4月30日まで約30年続いた平成も今年(2019年)で終了しました。 1989年(平成元年)にはなかった「底知れぬ閉塞感」が、今日本社会に蔓延しているようです。 ...
第127話|ぐれるAI(人工知能)、オタクになるAI(人工知能)

第127話|ぐれるAI(人工知能)、オタクになるAI(人工知能)

フェイクニュースという言葉があります。 ねつ造の有無とは関係なく、結果的に誤った偽情報を報道することです。それと同等にやばいのが、正しいかどうかわからない状態で報道することです。 問題は、この偽情報や正しいかどうか分から...
第122話|データサイエンティストの最高の相棒データエンジニア

第122話|データサイエンティストの最高の相棒データエンジニア

ビジネスの世界に生きるデータサイエンティストとは、データとその活用領域であるドメインを結びつけるお仕事です。 ドメインとは、営業やマーケティング、生産、経営などのデータを活用する現場のことです。 データサイエンティストと...
第108話|問題解決型データ分析と運用型データ分析

第108話|問題解決型データ分析と運用型データ分析

データ分析・活用といったとき、大きく2つの「型」があるのではないかと思います。 1つが「問題解決型データ分析」、もう1つが「運用型データ分析」。 それ以外にもあるかもしれませんが、大きくはこの2つの分類できると思います。...
第58話|データ活用やAI(人工知能)で「効率化」すべきか? 今までの「やり方」を変えるべきか?

第58話|データ活用やAI(人工知能)で「効率化」すべきか? 今までの「やり方」を変えるべきか?

IT化は、効率化のためだけでなく、やり方を変えるべきだ。このように従来から言われています。 ペプシ工場の清掃係から、米国の陸軍大将に上り詰め、その後ブッシュ政権下で国務長官にまでなったコリン・パウエル氏も…… 「ハードウ...