データ活用実践ワークショップ
スゴイ見える化

ワークショップ形式で、筋のいいデータ活用のテーマを探索し、ビジネス現場に成果をもたらすには、どのようなデータで、どのような集計や分析、モデル構築をし見える化(集計・分析・予測結果など)を実現すればいいのかを検討し形にする超実践型プログラム

概要

営業・マーケティングのデジタル化を進めるためIT投資(MAやCRMなどの導入)をしたものの、データが溜まっただけで止まってしまい、どう活用していいか悩んでいる(投資しに見合っていない、IT化の維持コストの垂れ流し、など)という企業様も増えています。

 

今実施しているデータ活用
より良いアクションへ導けていますか

例えば……

  • データをもとに、見込み顧客リストを見直したら、商談率が上がった
  • データをもとに、広告宣伝費を減らしても、売上は下がらずコスパが向上した
  • データをもとに、離反しそうな顧客を事前にキャッチし、離反する顧客数を減らした
  • データをもとに、需要予測をすることで、廃棄や在庫が減少しコストダウンに成功した
  • データをもとに、モニタリング指標(売上やCV数など)の異常を検知することで、迅速にキャッチし対策を打てるようになった
  • データをもとに、LTV(顧客生涯価値)の予測を顧客ごとに行うことで、儲かる顧客へより注力できるようになった
  • データをもとに、立案した施策を評価(シミュレーション)することができ、アクション精度が高まった
  • データをもとに、顧客ごとにクロスセル商材リストを作ることで、客単価が上がった

……が、ビジネス現場(営業・マーケなど)で、データ活用の上手く行った例です。

 

ただ、顧客離反という課題を抱えているビジネスで、商談率が上がるような見込み顧客リストを現場へ提供したとしても、そのビジネス全体に対するインパクトは、顧客離反対策をするよりも小さいことでしょう。

この例の場合、商談率が上がるような見込み顧客リストを現場へ提供するよりも、離反しそうな顧客リストを現場に提供したほうが、ビジネス成果の出やすい「筋のいいテーマ」だと言えそうです。

 

 

スゴイ見える化では、ビジネス成果の出やすい「筋のいいテーマ」を見つけ、そのテーマに沿った「データ活用の設計図」を描くところから始めます。

 

 

設計図を描いただけでは絵に書いた餅に過ぎません。実際に、設計図にもとづいてデータを集め加工・集計・分析・モデル構築などを実施する必要があります。そのためには、アナリティクススキルが必要になります。実務を通して、そのアナリティクススキルの習得を目指します。

当プログラムで学ぶアナリティクスツールは、Excel・R・Python・H2Oなどです。ノーコードでデータ分析や機械学習モデルを構築できる、R RadiantH2O Flowも登場します。

カリキュラム

データ活用のテーマ設定やデータ活用の設計図の構築などはテンプレート化しており、カリキュラム通りに進めて頂ければ成果がでる内容となっています。

この機会に弊社のテンプレートの使い方をマスターして頂き、プログラム終了後に他部署・他商材などで、データ活用のテーマ設定やデータ活用の設計図の構築を実施する際に、利用して頂ければと思います。

当実践プログラムでは、ステージ1およびステージ2がメインのスコープになります。ステージ3のアナログオペレーションは、ステージ2までの進捗がスムーズで時間的余裕が生まれた場合に支援いたします。

基礎力強化

カリキュラムを進めるにあたり、基礎的なレクチャーを適時実施します。

最低限の知識獲得シリーズ
  • データを利益に変える「スゴイ見える化」概論
    • データを活用して何が嬉しいの?
    • データ活用ストーリー
    • 傾向分析と近未来分析
    • 事例で体感する「スゴイ見える化」
    • 機械学習による予測モデル構築の流れ
    • など
スゴイ見える化(理論編)シリーズ
  • ビジネスデータサイエンス実践Ⅰ(筋のいいテーマ設定)
  • ビジネスデータサイエンス実践Ⅱ(実務で活きるアナリティクス設計)
  • ビジネスデータサイエンス実践Ⅲ(現場のためになる数理モデル構築)
手を動かして学ぶシリーズ
  • Excelで学ぶ「明日から使えるビジネスアナリティクス入門」
  • R Radiantで進める「ノーコードビジネスアナリティクス入門」
  • H2O Flowで進める「ノーコード機械学習入門」
  • Rで始める「はじめてのビジネスアナリティクス入門」
  • Pythonで始める「はじめてのビジネス自動機械学習入門」

価格(コンサルティングフィー)

  • 価格:360万円(税抜き)
  • 初月:1~2日間の集中研修、集中研修2週間後にコンサルティング
  • 2ヶ月目から3ヶ月目:月2~4回コンサルティング ※進捗に応じて期間が延びことがあります
  • 時間:各回90分程度(状況によって30分~2時間)
  • 場所:貴社(or オンライン)
  • その他:希望すれば、メール相談随時、ZoomやSkypeなどのテレカン可

※東京23区外の場合、その他交通費実費(宿泊を伴う場合は宿泊代実費)

1点注意点がございます。カリキュラム通りに手戻りなく一発で、期間内に完璧なものが出来上がることはありません。ある程度、アジャイル的(構築・フィードバック・改善などを短期間で回す)な感じで進みます。なぜならば、一度作り上げたものでも、実際にデータを集めてみたら思うようなものでなかった、想像した分析ができそうにない、現場にヒアリングしたらずれていた、など都度改善が必要なことがでてきます。

そもそも、諸事情で当カリキュラムが3ヶ月で終了しないこともあります。4ヶ月、5ヶ月と伸びることもあります。3ヶ月で打ち切るのは非常にもったいないことです。

そのために、3ヶ月間の保守サポートを実施します(希望者のみ)。

  • 価格:無料
  • 月1回の訪問 or オンライン
  • 時間:各回60分程度(状況によって30分~90分)
  • 保守内容は、本プログラムの内容に限らせて頂きます

※東京23区外の場合、その他交通費実費(宿泊を伴う場合は宿泊代実費)

お問い合わせ・無料個別相談のお申込み


※個人の方は記入不用です。

希望する日時をお願い致します

「希望場所」(例:貴社など)がございましたら、記載ください。

お問合せ

お名前 *

E-mail *

(例) aaaaa@example.com

お問合せ内容