らくらくビジネスデータサイエンス
無料ツールでさくっとデータ分析し成果をだそう!


RECENT ARTICLES

第255話|あなたはどのようなときに指標が異常(問題が起こっている)と判断していますか?

第255話|あなたはどのようなときに指標が異常(問題が起こっている)と判断していますか?

ビジネス活動をしていると、何かしらの指標を眺めることが多々あります。 例えば、売上や受注件数、問い合せ件数、サイトのPV(ページビュー)数などなど。 多くの人は、子ども時代から、何かしらの指標を眺めて過ごしているでしょう...
Jupyter Notebook用「仮想環境」の作成方法

Jupyter Notebook用「仮想環境」の作成方法

Pythonを使ってデータ分析やモデル構築などを行うとき、用途に応じて「仮想環境」 を作成し、必要に応じて切り替えて使用することがあります。 仮想環境を作ることで、例えばPC全体で使うPython環境に影響を与えずにライ...
第254話|ビジネスで活きる指標とは?

第254話|ビジネスで活きる指標とは?

もっとも手軽なデータ活用は「見える化」です。 端的に言うと、データを集計や統計処理などし求めた「指標」を見てアクションの質をあげる、ということです。 もっとも手軽ですが、指標をただ眺めているだけ、というケースも多いのでは...
第253話|現場のデータ活用を阻害する複雑で高精度なモデル

第253話|現場のデータ活用を阻害する複雑で高精度なモデル

高精度で予測できる数理モデルが完成しました。 現場もマネジメント層もびっくりするようなモデルです。 しかし、その数理モデルは現場で活用し成果を出し続けることはありませんでした。 なぜでしょうか? 今回は、「現場のデータ活...
【11/11-12】近未来を見据えた営業活動のためのデータ分析<br>(中小企業大学校・広島校)

【11/11-12】近未来を見据えた営業活動のためのデータ分析
(中小企業大学校・広島校)

研修日程:2021年11月11日(木曜)~2021年11月12日(金曜) 受講料:22,000円 定員:20名 場所:中小企業大学校・広島校 主催:中小企業大学校 研修のねらい データ分析・活用の効果・効能を理解していた...
【10/14-15】近未来を見据えた営業活動のためのデータ分析<br>(中小企業大学校・サテライトゼミin長門)

【10/14-15】近未来を見据えた営業活動のためのデータ分析
(中小企業大学校・サテライトゼミin長門)

研修日程:2021年10月14日(木曜)~2021年10月15日(金曜) 受講料:22,000円 定員:15名 場所:山口県長門市しごとセンター (山口県長門市仙崎312-1) 主催:中小企業大学校 研修のねらい データ...
第252話|惜しむことなくノンコードな分析ツールを使い倒そう!

第252話|惜しむことなくノンコードな分析ツールを使い倒そう!

データ分析やデータサイエンス、機器学習などを絡めた業務を実施するとき、どうしてもツールが必要になります。 代表的なツールはPyhtonやRなどのフリーのものでしょう。 無料で使えるのはいいのですが、プログラミング言語を覚...
PythonのピボットテーブルをExcelのように操作する<br>Mito(その6:操作記録とマクロ)

PythonのピボットテーブルをExcelのように操作する
Mito(その6:操作記録とマクロ)

PythonのピボットテーブルをExcelのように操作できないものだろうか、そう思った方も多いことでしょう。 そして、その操作結果をPythonコードで掃き出せないものだろうかと、そう思った方も多いことでしょう。 その2...
第251話|「見える化」を検討するきっかけからアクション評価へ

第251話|「見える化」を検討するきっかけからアクション評価へ

もっともシンプルなデータ活用の1つが「見える化」です。 多くの企業では、売上などは「見える化」しています。 そう考えると、データ活用していない企業は本来ありません。 ただ、上手い具合に活用しているかとなると、疑問符が付き...
PythonのピボットテーブルをExcelのように操作する<br>Mito(その5:ピボットテーブル)

PythonのピボットテーブルをExcelのように操作する
Mito(その5:ピボットテーブル)

PythonのピボットテーブルをExcelのように操作できないものだろうか、そう思った方も多いことでしょう。 そして、その操作結果をPythonコードで掃き出せないものだろうかと、そう思った方も多いことでしょう。 その2...
第250話|「見える化」だけで成果を出すのは「指標設計」しだい

第250話|「見える化」だけで成果を出すのは「指標設計」しだい

成果のでるデータ活用の多くは、複雑なデータ分析をすることでもなく、精度の高い機械学習モデルを構築し使うことではありません。 単にデータを集計し見てアクションを起こすだけで、成果がでるパターンが多いです。 俗に言うと「見え...
PythonのピボットテーブルをExcelのように操作する<br>Mito(その4:グラフ作成)

PythonのピボットテーブルをExcelのように操作する
Mito(その4:グラフ作成)

PythonのピボットテーブルをExcelのように操作できないものだろうか、そう思った方も多いことでしょう。 そして、その操作結果をPythonコードで掃き出せないものだろうかと、そう思った方も多いことでしょう。 その2...
第249話|あなたの会社のデータ活用、利益を生み出しつづけていますか?

第249話|あなたの会社のデータ活用、利益を生み出しつづけていますか?

AI、データサイエンス、DX、ビッグデータなどのキーワードと共に、データ活用にチャレンジする企業が増えています。 ただ、チャレンジすれば必ず上手く行くわけではありません。 上手くいったかどうかを、どのように確かめればいい...
H2OのAutoMLでできること

H2OのAutoMLでできること

前回まででH2Oを使う準備が整いました。 H2Oをインストールする(Python編) H2Oをインストールする(R編) いよいよH2OのAutoMLを使ってみましょう。 今回は、「H2OのAutoMLでできること」につい...
PythonのピボットテーブルをExcelのように操作する<br>Mito(その3:列の追加やExcel風の数式入力)

PythonのピボットテーブルをExcelのように操作する
Mito(その3:列の追加やExcel風の数式入力)

PythonのピボットテーブルをExcelのように操作できないものだろうか、そう思った方も多いことでしょう。 そして、その操作結果をPythonコードで掃き出せないものだろうかと、そう思った方も多いことでしょう。 その2...
第248話|テーマ設定で発生する現場とエライ人のすれ違い

第248話|テーマ設定で発生する現場とエライ人のすれ違い

よくデータサイエンスなどのデータ活用のテーマ設定は、現場で上手くいっていないこと、要は出来ていないことが設定されます。 しかし、設定されたテーマ(現場で出来ていないこと)を見て、「そんなこと出来ている」と言う方がたまにい...