今週の小ばなし

第137話|データサイエンスで、日本社会の閉塞感に風穴を開ける!

第137話|データサイエンスで、日本社会の閉塞感に風穴を開ける!

1989年(平成元年)1月8日から2019年(平成31年)4月30日まで約30年続いた平成も今年(2019年)で終了しました。 1989年(平成元年)にはなかった「底知れぬ閉塞感」が、今日本社会に蔓延しているようです。 ...
第136話|統計解析/機械学習モデルの選び方(チートシート)

第136話|統計解析/機械学習モデルの選び方(チートシート)

統計解析や機械学習などで利用される数理モデルは多種多様です。 次から次へと新しいものが登場し、全体を捉えることはできません。 最新のものや流行のものを追うのもいいですが、先ずは基本的なものを抑えるのがいいでしょう。 基本...
第134話|やってみなはれの精神でデータで石橋を叩きながら渡る

第134話|やってみなはれの精神でデータで石橋を叩きながら渡る

ビジネスにおけるデータサイエンスに対し、どのような印象があるでしょうか。 人によっては、魔法のような不思議さを感じる方もいれば、最新のテクノロジーを使った派手なイメージをするかたもいます。 サイエンスという響きが、通常の...
第133話|データエコノミーな時代に必須なデータサイエンス

第133話|データエコノミーな時代に必須なデータサイエンス

ビッグデータの時代だ! と呼ばれて久しいです。 企業活動や人の行動などのデータが、日々大量に生み出されています。加速することはあっても減速することはないでしょう。 この大量に生み出されたデータを上手く使い、競争力を高め収...
第132話|データサイエンスを小さくは始めるときのテーマ選定は、ジョハリの窓

第132話|データサイエンスを小さくは始めるときのテーマ選定は、ジョハリの窓

某大手食品企業です。 データドリブンな営業を目指し、AIというキーワードを用いた挑戦的かつ壮大なデータサイエンスのテーマに挑みました。 上手くいったのでしょうか? 残念ながら営業活動そのものに対し大きなインパクトを与えて...
第131話|データ分析・活用やデータサイエンス実践の成否は、技術力よりもチーム力

第131話|データ分析・活用やデータサイエンス実践の成否は、技術力よりもチーム力

最近ビジネス界隈で聞く叫び声です。 「AI(人工知能)だ!」 「IoT(モノのインターネット)だ!!」 「ビッグデータだ!!!」 経営層や管理層などのエライ人になると、叫ぶ言葉も次のように変わることもあります。 「我が社...
第130話|「データによる見える化」で見たいものが異なる人々

第130話|「データによる見える化」で見たいものが異なる人々

データ分析・活用(データサイエンス実践)の第一歩として、よく「見える化」というキーワードがあります。 先ずは、データを収集し現状を「見える化」するところから始めましょう! というものです。 立場によって、「見える化」の意...
第129話|データ分析はスゴイ狂言回し

第129話|データ分析はスゴイ狂言回し

嬉しいことに、どうにかデータ活用できないものだろうかと、模索する企業や人が、最近増えています。 例えば、ビッグデータ、データサイエンス、機械学習、AI(人工知能)などのキーワードは、まさにその期待の表れでしょう。 まさに...
第128話|小さくデータサイエンスを始めるならPPDACサイクル

第128話|小さくデータサイエンスを始めるならPPDACサイクル

データとドメイン(営業やマーケティング、生産、経営などの現場)を結びつけ、データサイエンスで成果を出したいなら、小さく始め大きく波及させるのが定石です。 いきなり大きく始めようとすると、なかなか上手く進みません。 と言う...

ビジネスデータサイエンス支援カンパニー
株式会社セールスアナリティクス