ノンコードでビジネスデータ分析を可能にするRパッケージRadiant
その2(Radiantのデータ読み込み)

ノンコードでビジネスデータ分析を可能にするRパッケージRadiantその2(Radiantのデータ読み込み)

データ分析や予測モデル構築などをやってみたいが……

  • RPythonだとの無料ツールはコーディングスキルがそれなりに必要になりハードルがある
  • 有料ツールのSASSPSSなどは使いやすそうだけど高額すぎる。

無料で使える使いやすさが有料級の分析ツールはないだろうか?

と言うことで、Radiantです。

Radiantは、ノンコードでビジネスデータ分析を可能にする無料で使える有料級Rパッケージです。

  • その1:Radiantのインストール・起動・終了
  • その2:Radiantのデータ読み込み ⇒ 今回
  • その3:Radiantでデータ抽出(絞り込み)
  • その4:RadiantでEDA(探索的データ分析)
    • その4-1 グラフ作成
    • その4-2 ピボット集計
    • その4-3 記述統計量
  • その5:Radiantで予測モデル構築

前回は、その1の「Radiantのインストール・起動・終了」について簡単に説明しました。

ノンコードでビジネスデータ分析を可能にするRパッケージRadiantその1(Radiantのインストール・起動・終了)

今回は、その2の「Radiantのデータ読み込み」について簡単に説明します。

取り急ぎRadiantを起動

以下、コードです。

# 必要パッケージのロード
library(radiant)

# radiantの起動
radiant()

 

データの読み込み画面

データの読み込みは、メニューバーの「Data」をクリックし、「Manage」タブをクリックすると、次のような画面が表示されます。

 

Radiantを起動時に開かれるため、Radiantを起動したばかりの場合、特別な操作は必要ありません。

 

読み込めるデータのタイプ

Radiantの画面の左側に「Load data of type」という項目があります。

Load data of type」でデータのタイプを選び、読み込むデータセットを選んだら「Load」ボタンをクリックし読み込みます。

 

読み込めるデータのタイプは……

  • cvs
  • clipboard
  • examples
  • rds (url)
  • csv (url)
  • from global workspace
  • radiant state file

…などです。

外部のcsvファイルを読み込めたり、URL経由でweb上でcsvファイルを読み込めたり、クリップボード経由(Ctrl+C)で読み込めたり、Rのワークスペース内のオブジェクトを読み込めたりします。

次に、よくありがちな2つのデータセットの読み込み例を説明します。

  • Rのワークスペース内のオブジェクトを読み込む
  • CSVファイルを読み込む(外部ファイル・URL経由)

 

Rのワークスペース内のオブジェクトを読み込む

Load data of type」で「from global workspace」を選択すると、Rのワークスペース内にあるデータセットが「Data.frames in Global Env」に表示されます。

 

例えば、「Data.frames in Global Env」でデータセット「BostonHousing」を選択し、「Load」をクリックすると読み込まれます。

読み込まれたデータセットは、「Data preview」が表示されます。

 

左上の「Datasets」で、読み込まれているデータセットの中から表示させるものを変えることが出来ます。

 

CSVファイルを読み込む(外部ファイル・URL経由)

Load data of type」で「csv」(外部ファイル)もしくは「csv (url)」(web経由)を選択すると、csv形式のデータセットが読み込めます。

外部ファイル

csv」(外部ファイル)を選択すると、次のような画面に切り替わります。

 

例えば、1行目に項目名がある場合には「Header」をチェックを入れ、データがカンマ区切りの場合には「Separator」から「Comma」を選び、「Load」ボタンをクリックしデータセットを読み込みます。

 

URL経由

csv (url)」(web経由)を選択すると、次のような画面に切り替わります。先ほどとの大きな違いは、「Load」ボタンの左側にURLを入力する欄があるところです。

 

例えば、Load」ボタンの左側にある場所にデータセットのURL「https://www.salesanalytics.co.jp/591h」を入力し、「Load」ボタンをクリックしデータセットを読み込みます。

読み込まれたデータセットは、「Data preview」が表示されます。

 

これは、Airline Passengers」(飛行機乗客数)のデータセットです。

 

次回

今回は、その2の「Radiantのデータ読み込み」について簡単に説明しました。

  • その1:Radiantのインストール・起動・終了
  • その2:Radiantのデータ読み込み
  • その3:Radiantでデータ抽出(絞り込み) ⇒ 次回
  • その4:RadiantでEDA(探索的データ分析)
    • その4-1 グラフ作成
    • その4-2 ピボット集計
    • その4-3 記述統計量
  • その5:Radiantで予測モデル構築

次回は、その3Radiantでデータ抽出(絞り込み)について説明します。

ノンコードでビジネスデータ分析を可能にするRパッケージRadiantその3(Radiantでデータ抽出(絞り込み))