ノンコードでビジネスデータ分析を可能にするRパッケージRadiant
その3(Radiantでデータ抽出(絞り込み))

ノンコードでビジネスデータ分析を可能にするRパッケージRadiantその3(Radiantでデータ抽出(絞り込み))

データ分析や予測モデル構築などをやってみたいが……

  • RPythonだとの無料ツールはコーディングスキルがそれなりに必要になりハードルがある
  • 有料ツールのSASSPSSなどは使いやすそうだけど高額すぎる。

無料で使える使いやすさが有料級の分析ツールはないだろうか?

と言うことで、Radiantです。

Radiantは、ノンコードでビジネスデータ分析を可能にする無料で使える有料級Rパッケージです。

  • その1:Radiantのインストール・起動・終了
  • その2:Radiantのデータ読み込み
  • その3:Radiantでデータ抽出(絞り込み) ⇒ 今回
  • その4:RadiantでEDA(探索的データ分析)
    • その4-1 グラフ作成
    • その4-2 ピボット集計
    • その4-3 記述統計量
  • その5:Radiantで予測モデル構築

前回は、その2の「Radiantのデータ読み込み」について簡単に説明しました。

ノンコードでビジネスデータ分析を可能にするRパッケージRadiantその2(Radiantのデータ読み込み)

今回は、その3の「Radiantでデータ抽出(絞り込み)」について簡単に説明します。

取り急ぎRadiantを起動

以下、コードです。

# 必要パッケージのロード
library(radiant)

# radiantの起動
radiant()

 

サンプルデータ

サンプルデータは、Radiantのサンプルデータである「diamonds」をそのまま使います。

  • price: price in US dollars
  • carat: weight of the diamond
  • clarity: measurement of how clear the diamond
  • cut: quality of the cut
  • color: diamond color
  • depth: total depth percentage
  • table: width of top of diamond relative to widest point
  • x: length in mm
  • y: width in mm
  • z: depth in mm

 

データの表示画面(View)

データ全件を確認するには、「View」タブをクリックすると、データセットの確認することができ、そこで表示させるデータや変数を絞り込むことができます。

 

さらに、絞り込んだデータを別のデータセットとして保存することができます。

 

表示する変数の指定

左側の「Select variables to show」で表示する変数を選択します。デフォルトではすべての変数が選択されています。変数を選択するときは「Ctrl」や「Shift」などを押しながらクリックし選択します。

 

この例では次の5つの変数を選択し表示させています。

  • price: price in US dollars
  • carat: weight of the diamond
  • clarity: measurement of how clear the diamond
  • cut: quality of the cut
  • color: diamond color

 

各変数に対し、表示条件を指定する(絞り込み)

各変数に対し、表示条件を指定し、データを絞り込むことができます。

以下の変数名の下のところをクリックし、条件を指定します。デフォルトでは「All」となっています。

 

例えば、priceclarityに対し条件指定し絞り込んでみます。

 

条件式を入力しデータを絞り込む

左にある「Filter data」にチェックを入れて、条件式を入力することで、データの絞り込みができます。条件式を入力したら「Enter」キーを押します。

 

では実際に、priceclarityに対し条件指定し絞り込んでみます。ちなみに、条件式で登場する「&」は「and」を意味し、「|」は「or」を意味します。

 

絞り込んだデータセットの保存

絞り込んだ変数やデータを、新たなデータセットとして分析に利用したいときがあります。そのときは、保存するといいでしょう。

左下の「Store filtered data as」の下の欄に「新たなデータセット名」を記載し、右隣りにある「+Store」ボタンをクリックすると、そのデータセット名で保存されます。CSVファイルで外部に出力したい場合には、右上のボタンをクリックし出力します。

 

左上の「Datasets」から、保存したデータセットを選べるようになります。

ちなみに、Rのワークスペースにオブジェクトとして保存する場合には、メニューにある「Manage」ボタンをクリックし、左側にある「Save data to type」から「to global workspace」を選択し「Save」ボタンをクリックします。

 

次回

今回は、その3の「Radiantでデータ抽出(絞り込み)について簡単に説明しました。

  • その1:Radiantのインストール・起動・終了
  • その2:Radiantのデータ読み込み
  • その3:Radiantでデータ抽出(絞り込み)
  • その4:RadiantでEDA(探索的データ分析)
    • その4-1 グラフ作成 ⇒ 次回
    • その4-2 ピボット集計
    • その4-3 記述統計量
  • その5:Radiantで予測モデル構築

次回は、その4の「RadiantでEDA(探索的データ分析)」の「その4-1 グラフ作成」について説明します。

ノンコードでビジネスデータ分析を可能にするRパッケージRadiantその4-1(Radiantでデータ抽出(絞り込み))