Jupyter Notebook上にR環境を作る

Jupyter Notebook上にR環境を作る

Jupyter NotebookPythonを使うことはあるが、Rは使ったことはない、というPythonユーザも少なくないでしょう。

Jupyterは、Julia+Python+Rから作った造語であるとは有名な話しです。

ということは、R言語も使えるはず。

今回は、「Jupyter Notebook上にR環境を作る」というお話しをします。

AnacondaなどのCondaが使え、Jupyter Notebookがインストールされている前提で進めます。

2つの方法

R言語を使うわけですから、Rをインストールしておく必要があります。

インストール方法は2つあります。

  • R公式からRをインストール
  • AnacondaからRをインストール

インストール後に、Jupyter Notebookに認識させる必要があります。

 

 R公式からRをインストール

以下の、R公式からRをインストールします。

The Comprehensive R Archive Network
https://cran.r-project.org/

 

このインストールしたRJupyter Notebookに認識させる必要があります。

 

先ず、Anaconda Pronptを起動します。

 

Anaconda Pronpt上で、Rをインストールしたexeファイル指定し、Rを起動します。

以下は、exeファイルの指定例です。

"C:\Program Files\R\R-4.2.0\bin\x64\Rgui.exe"

これをAnaconda Pronpt上に記述し実行すると、Rが起動します。

 

Rが起動したら、Jupyter用のパッケージを以下のコードでインストールします。

install.packages('IRkernel')

以下、実行例です。

 

Rユーザなら分かると思いますが、複数のバージョンのRがPCなどにインストールされているかと思います。

特にこだわらなかれば、以下のコードでJupyter NotebookにRを認識させることができます。

IRkernel::installspec()

複数のバージョンのRJupyter Notebook上に登録したい場合には、分かるように登録したほうがいいでしょう。

例えば、以下です。R 4.2の場合のコード例です。

IRkernel::installspec(name = 'ir42', displayname = 'R 4.2')

以下、実行例です。

 

これで終了です。

 

では、Jupyter Notebookを起動してみましょう。

 

RのNotebookを作成すると、以下のように「R」マークの付いたNotebookになります。

 

 AnacondaからRをインストール

Anaconda Pronpt上で進めていきます。

以下、Rをインストールするコードです。

conda install -c r r

 

よく使われるRのパッケージ群も、あらかじめインストールしておきます。

以下、コードです。

conda install -c r r-essentials

 

Jupyter NotebookRを認識させる必要があります。そのためのパッケージを読み込みます。

以下、コードです。

conda install -c r r-irkernel

 

これで終了です。

 

では、Jupyter Notebookを起動してみましょう。

 

RのNotebookを作成すると、以下のように「R」マークの付いたNotebookになります。

 

まとめ

今回は、「Jupyter Notebook上にR環境を作る」というお話しをしました。

2つの方法を紹介しました。

  • R公式からRをインストール
  • AnacondaからRをインストール

お勧めは、1つ目の「R公式からRをインストール」です。

Rを本格的に利用するとき、こちらのほうがいいですし、最新版もこちらにあります。

さらに、RStudioもインストールしておくと便利です。

Download the RStudio IDE
https://www.rstudio.com/products/rstudio/download/

 

RStudio上では、RだけでなくPythonも利用できます。

 

RStudioでPythonとRをともに使う