データサイエンス活用

第206話|データ活用の可能性を高めるたった1つのこと

第206話|データ活用の可能性を高めるたった1つのこと

せっかく、データ集計したり分析したり、予測モデルを作って予測値をアウトプットしても、現場で活用されないことは多々あります。 現場でのデータ活用の可能性の高め方は、色々なやり方があります。 その中で、私が最重要だと感じてい...
第203話|継続性を持たせる「データドリブン化」の仕組み

第203話|継続性を持たせる「データドリブン化」の仕組み

データによる継続的改善を実現するには、どのような仕組みを作ればいいのでしょうか。 このような話しをすると、クラウドなどのアーキテクチャー(システムの設計思想)を思い浮かべる方もいますが、ここでお話しするのはもっとシンプル...
第194話|データ分析・活用で成果を出すには知識の地均し(じならし)が重要そうだ

第194話|データ分析・活用で成果を出すには知識の地均し(じならし)が重要そうだ

企業内にデータ分析の専門部署を作ったとき、上手く前進するケースとそうでないケースで、何が異なるのだろうかと考えてみました。 要は、私の知りえる限りで、振り返っただけですが…… 今回は、「データ分析・活用で成果を出すには知...
第192話|データドリブンとは「データ用いた継続的改善」である

第192話|データドリブンとは「データ用いた継続的改善」である

データ活用で重要なのは、続けることです。 打ち上げ花火のような一発ドカンと何かをするのではなく、地味に続けることが重要です。 打ち上げ花火よりも、線香花火に近いかもしれません。 今回は、「データドリブンとは『データ用いた...
第188話|データサイエンス×感覚が、より良い未来をもたらす

第188話|データサイエンス×感覚が、より良い未来をもたらす

「AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争」 (光文社新書、2020/7/15)という書籍が出版されました。 AI技術でモノクロ写真をカラー化し、そのカラー化を、その時代を知る人の記憶などを手掛かりに修正する、という...
第176話|変化の激しく先の見えない時代に求められる”即時的”データ分析・活用

第176話|変化の激しく先の見えない時代に求められる”即時的”データ分析・活用

データ分析なり予測モデル構築をするとき、今までの傾向がこれからも続く、という前提で実施している人が多い気がします。 例えば、昨年の同時期に売れた商品と、今年の同時期の売れる商品はほぼ同じであろう、と推測する感じです。 例...
第175話|災害の予測は難しいが、対処では活きるデータ分析・活用(データサイエンス)

第175話|災害の予測は難しいが、対処では活きるデータ分析・活用(データサイエンス)

データを使った災害予測は非常に難しいです。特に、自然現象が相手の天災は、データが揃わないという理由で、非常に難しいです。 ここ数カ月の新型コロナウイルスがそれに該当することでしょう。 例えば、1年前にこのような新型コロナ...
第173話|人手を介さずにコンピュータの中で学習し進化し続ける「データ・コンティニュアス・インプルーブメント」

第173話|人手を介さずにコンピュータの中で学習し進化し続ける「データ・コンティニュアス・インプルーブメント」

データを使いモノゴトを改善し続けよう! という動きは、昔からあります。 有名なところでは、生産現場のSQC(統計的品質管理)活動です。 「統計的」という枕詞が付いている通り、データを集め分析し品質を高めるための改善活動を...
第172話|実業務とデータサイエンス人財育成の狭間で

第172話|実業務とデータサイエンス人財育成の狭間で

最近、社内でデータ活用を推進しようということで、データサイエンス人財を社内に抱えようという動きがあります。 社内でデータ活用するぞ! となったとき、ある壁にぶち当たることがあります。 実業務の壁です。 もう少し説明すると...
第169話|データ分析・活用のメリットを疑われたら、当たり前の結果を当たり前に出さないといけない

第169話|データ分析・活用のメリットを疑われたら、当たり前の結果を当たり前に出さないといけない

データを使うことに不慣れな組織や人の場合、データから導き出された結果に対し極端な反応をします。 あり得ない期待を抱くか、もしくは無関心(期待0)か、のどちらかです。 なぜ両極端に振れるのか分かりませんが、その振れ具合が最...