売上データ分析

Rで推定するパレート分布

Rで推定するパレート分布

「第222話|パレート指数による売上分析」でパレート分布についてお話ししました。 ビジネスはパレートな世界の住人でしょう。 例えば…… チェーン店であれば、極端に売上の大きい店舗はあります 営業パーソンであれば、極端に受...
第222話|パレート指数による売上分析

第222話|パレート指数による売上分析

所得分布の不均衡を研究したヴィルフレド・パレート(Vilfredo Pareto)から名付けられた、パレートの法則(20:80の法則もしくは80:20の法則)と呼ばれるものがあります。 この法則は…… 売上上位20%の商...
第202話|あなたが「販売力を高めるデータ分析をしたいぞ!」というのであればラッキーです

第202話|あなたが「販売力を高めるデータ分析をしたいぞ!」というのであればラッキーです

ビジネス系のデータ分析・活用(データサイエンス実践)を「ビジネスアナリティクス」という用語で表現したりします。 このビジネスアナリティクスは、ざっくりと「商品力を高めるアナリティクス」と「販売力を高めるアナリティクス」に...
第109話|必ずと言っていいほど整備されていないデータ。それはアクション系のデータ

第109話|必ずと言っていいほど整備されていないデータ。それはアクション系のデータ

積極的にデータ分析がなされていない企業で、「さぁデータ分析するぞ!」と言ってデータを分析し始めたとき、必ずと言っていいほど整備されていないデータがあります。 それは、アクション系のデータです。一方で、それなりに蓄積し整備...
第92話|データ分析から発見されるのは、「お宝」というより「見落とされていた事実」

第92話|データ分析から発見されるのは、「お宝」というより「見落とされていた事実」

私が民間企業で、データ分析を始めた約15年ほど前、データ分析そのものに対し、データマイニングブームの影響もあり、「お宝を発見する」かのような錯覚がありました。 多くの場合、実際どのようなことが、データ分析によって発見され...
第89話|小売の売上分析、2つの指標だけで考える小売業の「データ分析的な戦略」

第89話|小売の売上分析、2つの指標だけで考える小売業の「データ分析的な戦略」

少し実践的なデータ分析・活用の話題をしたいと思います。 小売店です。 小売店であれば、1店舗からでも使えますし、1,000店舗の大手小売りチェーンでも使える話題です。 しかも、利用するのは2つの指標だけです。 これだけで...
第70話|製造業のデータ活用の壁、かつての製販分離という効率化が壁になり不効率を生み出している

第70話|製造業のデータ活用の壁、かつての製販分離という効率化が壁になり不効率を生み出している

製造業であれITベンダーであれ、ある一定規模の企業体になると、どうしても製販分離という組織構造になる傾向があります。 つまり、役割分担として「つくる側」(製造)と「売る側」(販売)に分かれ、場合によっては別会社になってい...
第68話|誰に何が売れているのかが分かっても、売上分析は「なぜ」までは分からない。では、どうする?

第68話|誰に何が売れているのかが分かっても、売上分析は「なぜ」までは分からない。では、どうする?

CRMデータや購買履歴データ、取引履歴データなどの、誰が何を購入したのかを記録したデータは、多くの企業の社内に眠っています。 売上分析(もしくは、顧客分析)をするとき、多くの人が最初にするのが、売上の推移を知ること。折れ...
第49話|データ活用の成否に企業規模は関係ないが、成功確率に差がある理由

第49話|データ活用の成否に企業規模は関係ないが、成功確率に差がある理由

数年前に統計学やビッグデータというキーワードが注目され、今では機械学習やAI(人工知能)というキーワードが注目されています。 ビジネスにデータを活用する! とうい本質は何も変わらず、どの面をクローズアップするのか、という...
第48話|データ分析の力は「1→100」で発揮されるけど、データ活用のことはじめは「0→1」

第48話|データ分析の力は「1→100」で発揮されるけど、データ活用のことはじめは「0→1」

0(ゼロ)から全く新しい価値を創造し仕組み化するイノベーション型の事業創出を「0→1」。その創出された事業を、改良したり効率化させながら拡大・発展させるのが「1→100」。 「0→1」をするのが起業家、「1→100」をす...