R言語で学ぶデータ分析 Web講座 第1回|フリーの分析ツール「R」のインストール

R言語で学ぶデータ分析 Web講座 第1回|フリーの分析ツール「R」のインストール

最近、Rというフリーのデータ分析ソフトウェアが注目を浴びています。注目される理由がいくつかあります。例えば、以下の3つです。

  • 無料である
  • 参考書籍がたくさんある(自習できる)
  • 最新の分析手法が使える

そのため、データ分析の初学者から研究機関の研究者、データ分析従事者まで、色々な分野の人が世界中で利用しています。ちなみに、Rは基本的な統計手法などは最初から使えます。

今回は、Rのインストールの方法を説明します。

Rのインストール方法

インターネットでRのサイト(https://cran.r-project.org/)にアクセスします。

すると、以下のようなページが開きます(2017年1月1日現在)。

(画像をクリックすると別タブで大きくなります)

例えば、インストールするPCがMicrosoftのWindowsの場合、「Download R for Windows」と書かれたリンクをクリックします。

クリックすると、以下のようなページが開きます。

(画像をクリックすると別タブで大きくなります)

「base」と書かれたリンクをクリックします。クリックすると、以下のようなページが開きます。

(画像をクリックすると別タブで大きくなります)

2017年1月1日の時点では、「Download R 3.3.2 for Windows」と書かれたリンクをクリックしダウンロードします。ダウンロードするファイルは「R-3.3.2-win.exe」です。

ダウンロードしたら「R-3.3.2-win.exe」をダブルクリックし、PCへのインストールを開始します。

最初、以下のような言語選択の画面が表示されます。

(画像をクリックすると別タブで大きくなります)

言語を選択し「OK」ボタンをクリックします。

そうすると、Rのセットアップウイザードが開始されます。指示に従ってインストール作業を続けます。

(画像をクリックすると別タブで大きくなります)

インストールが終了すると、以下のような画面が表示されます。「OK」をクリックして終了です。

(画像をクリックすると別タブで大きくなります)

これでインストールは完了です。

ちなみに、インストールしたRを起動すると、以下のような画面が表示されます。

(画像をクリックすると別タブで大きくなります)

今回のまとめ

今回は、Rのインストールの方法を説明しました。

先ほど、Rを起動したときに表示される画面を紹介しました。人によっては馴染みにくいユーザインターフェイスかと思います。

Rはそのままでも十分データ分析に耐えうるものですが、もう少し使いやすくして使ってもいいと思います。Rを使いやすくするツールとしてRStudioというものがあります。

ちなみに、Rは基本的な統計手法などは最初から使えます。しかし、最新の手法や特別なデータ変換などをするために、そのパッケージをインストールする必要があります。

次回は、Rを使いやすくするRStudioのインストール方法とパッケージのインストール方法も併せてご説明いたします。

ビジネスデータサイエンス支援カンパニー
株式会社セールスアナリティクス