第146話|データ分析で導き出す5つのこと

第146話|データ分析で導き出す5つのこと

データを使い課題解決を考えたとき、例えば次の3つのことを、データから考えていきます。

  • ①何が起こっていたのか(過去)
  • ②どうなりそうか(未来)
  • ③何をすればよいのか(アクション)

データ分析をするとき、必ず③の「アクション」まで導き出しましょう。そうしないと、単なるデータ分析で終わってしまいます。

目指すは、データ分析・活用(現場でデータ分析を結果を活用し成果を出す)です。

では、具体的にどのようなデータ分析を実施すればいいのでしょうか。

今回は、「データ分析で導き出す5つのこと」というお話しをします。

データ分析で導き出す5つのこと

データ分析から導き出す5つのこと」とは次の5つです。

  • 事実:データから直接分かることは何か?
  • 解釈:データの裏側で何が起こっているのか?
  • 延長:そのまま何も対策を打たないとどうなるのか?
  • 対策:どのような対策を打つべきか?
  • 解決:対策を打つとどうなるのか?

この順番で実施すれば十分です。

この順番で実施することで、次の3つをデータで考えていくことになります。

  • ①何が起こっていたのか(過去)
  • ②どうなりそうか(未来)
  • ③何をすればよいのか(アクション)

何が起こっていたのか(過去)

何が起こっていたのか(過去)」では、「データ分析から導き出す5つのこと」の次の2つが該当します。

  • 事実:データから直接分かることは何か?
  • 解釈:データの裏側で何が起こっているのか?

データから「事実」を把握し何が起こっていたのかを「解釈」するためのデータ分析を実施します。

どうなりそうか(未来)

どうなりそうか(未来)」では、「データ分析から導き出す5つのこと」の次の2つが該当します。

  • 延長:そのまま何も対策を打たないとどうなるのか?
  • 対策:どのような対策を打つべきか?
  • 解決:対策を打つとどうなるのか?

データから「そのまま何もしないとどうなるのか」(延長)、「問題が起こりそうならばどのような対策を打つべきか」(対策)、「対策を打つとどうなるのか」(解決)のためのデータ分析を実施します。

対策案の効果の大きさ

対策案の効果の大きさは、「延長」と「解決」のギャップの大きさになります。

単純に考えれば、複数の対策案の中から「効果の最も大きい対策案を選べばいい」と思われがちです。

しかし、「コストパフォーマンス(費用対効果)」や「会社のブランドイメージを壊さない」など、幾つかの評価軸をもとに決定する必要があります。

何をすればよいのか(アクション)

何をすればよいのか(アクション)」では、「データ分析から導き出す5つのこと」の次の2つが該当します。

  • 対策:どのような対策を打つべきか?
  • 解決:対策を打つとどうなるのか?

②の「どうなりそうか(未来)」とほぼ同じではないかと思われがちですが、ちょっと異なります。

何をすればよいのか(アクション)」では、②の「どうなりそうか(未来)」で出された、いくつかの「対策案」とその「効果の大きさ」(延長と解決のギャップ)をもとに、実施する対策案を検討し決定するためのデータ分析を実施します。

5つのデータ分析・活用タイプ

データから考える3つのこと」(①何が起こっていたのか・②どうなりそうか・③何をすればよいのか)は、「データ分析から導き出す5つのこと」(事実・解釈・延長・対策・解決)と密接に関係します。

そのため、「データ分析から導き出す5つのこと」(事実・解釈・延長・対策・解決)を念頭にデータ分析を実施することで、③の「何をすればよいのか」というアクションが導き出せます。

データ分析をするとき、必ず③の「アクション」まで導き出しましょう。

そうしないと、単なるデータ分析で終わってしまいます。

今回のまとめ

今回は、「データ分析で導き出す5つのこと」というお話しをしました。

データを使い課題解決を考えたとき、例えば次の3つのことを、データから考えていきます。

  • ①何が起こっていたのか(過去)
  • ②どうなりそうか(未来)
  • ③何をすればよいのか(アクション)

データ分析をするとき、必ず③の「アクション」まで導き出しましょう。

具体的には、「データ分析から導き出す5つのこと」をデータから導き出すようなデータ分析を実施しておけば十分です。

データ分析から導き出す5つのこと」とは次の5つです。

  • 事実:データから直接分かることは何か?
  • 解釈:データの裏側で何が起こっているのか?
  • 延長:そのまま何も対策を打たないとどうなるのか?
  • 対策:どのような対策を打つべきか?
  • 解決:対策を打つとどうなるのか?

この順番で実施することで、「データから考える3つのこと」(①何が起こっていたのか・②どうなりそうか・③何をすればよいのか)を考えていくことになります。

要するに、「データ分析から導き出す5つのこと」(事実・解釈・延長・対策・解決)を念頭にデータ分析を実施することで、③の「何をすればよいのか」というアクションが導き出せます。

第143話|データ分析・活用のテーマ候補の探し方

第144話|筋のいいテーマと積小為大

第145話|所詮データは、過去の一部分でしかない

第147話|先ずは、「何が起こっていたのか(過去)」を考える

第148話|次に、「どうなりそうか(未来)」を考える

第149話|そして、「何をすればよいのか(アクション)」を考える

第150話|データ分析・活用の成果を成果を金額で示せばインパクト大

第151話|意外と忘れられるデータ分析・活用の成果は現場で生まれるという当たり前の事実

第152話|データ分析・活用で生まれる売上変動とコスト変動

第153話|小学生でも使えるデータを使った問題解決フレームワークPPDACとは?

ビジネスデータサイエンス支援カンパニー
株式会社セールスアナリティクス