Excel分析講座 第2回|Excelを最強の分析ツールに変える(Excel 分析ツール編その1)

Excel分析講座 第2回|Excelを最強の分析ツールに変える(Excel 分析ツール編その1)

データ分析ツールと聞くと、何か敷居が高いもののように聞こえます。

有名な分析ツールでは、SASやSPSSなどの有料なもの、RやPythonなどの無料なもの、色々あります。残念なことに、多くのビジネスパーソンにとって、あまり馴染みが深くありません

最近、誰でも使える分析ツールとして、BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールと称したQV(クリック・ビュー)やTableau、PowerBIなどが浸透してきて来ます。しかし、分析といえるほど高度なことはできず、正直集計どまりです。比較的使い勝手の良いQVやTableauは、それなりの導入コストがかかります。

もっと身近で、使い慣れていて、これからそれほど導入コストもかからず、そこそこの分析のできるツールはないものでしょうか。

それがあるのです。Excelです。

とりあえず、Excelを最強の分析ツールにしよう!

多くのビジネス・パーソンは、Excelであれば使えることでしょう。このExcelが、それなりの分析ツールになれば非常にうれしいことでしょう。

ということで、Excelを最強の分析ツールに変えるべき諸設定と、その使い方について、何回かに分けて説明します。

  • Excel 分析ツール
  • Ecel ソルバー
  • RExcel

RExcelとは、無料で使える分析ツールであるRを、Excelをユーザ・インターフェースにして使う仕組みのことです。要するに、Excel上からRを使うことができます。Rには、高度な分析機能がたくさんあります。最先端を分析アルゴリズムがあります。

「Excel 分析ツール」を使えるようにExcelを設定する

Excel分析ツールを使おうとしても、何も設定をしなければ、Excelのメニューに表示されません。Excel分析ツールの出し方、つまりExcel分析ツールのアドインを有効にする方法を、先ず説明します。

最新のExcel 2016(Windows10)のケースで説明します。アドインを有効にする設定は、「Excelのオプション」でします。

先ず、「ファイル」 タブをクリックします。

次に、「オプション」をクリックし、「Excelのオプション」に遷移します。

Excelのオプション」で、「アドイン」をクリックします。

「管理」 の中からの「Excel アドイン」 を選択し「設定」ボタンを押します。そうすると、「アドイン」 ボックスが表示されます。

「アドイン」ボックスで「分析ツール」をチェックし、「OK」ボタンを押します。これで「Excel 分析ツール」が使えるようになります。

メニューに、「分析ツール」が表示されるようになります。利用するときは、この「分析ツール」をクリックすればよいです。以下のように、色々な分析ができます。

Excel 分析ツールの「分析一覧」

  • 分散分析:一元配置
  • 分散分析:繰り返しのある二元配置
  • 分散分析:繰り返しのない二元配置
  • 相関
  • 共分散
  • 基本統計量
  • 指数平滑
  • F検定:2標本を使った分散の検定
  • フーリエ解析
  • ヒストグラム
  • 移動平均
  • 乱数発生
  • 順位と百分位数
  • 回帰分析
  • サンプリング
  • t検定:一対の標本による平均の検定
  • t検定:等分散を仮定した2標本による検定
  • t検定:分散が等しくないと仮定した2標本による検定
  • z検定:2標本による平均の検定

次回

次回は、例としてExcel 分析ツールを使った「基本統計量」と「回帰分析」の使い方について説明いたします。どちらも、営業データ分析マーケティングのデータ分析をするとき、利用頻度が高いものです。

ビジネスデータサイエンス支援カンパニー
株式会社セールスアナリティクス