AutoML【TPOT】の準備

AutoML【TPOT】の準備

TPOTとは?

TPOT(http://epistasislab.github.io/tpot/)とは、pythonのライブラリのひとつです。

分類問題と回帰問題を解くことができます。

ペンシルバニア大学のRandal S. Olson博士が開発しました。

特徴量設計から学習までを自動化

機械学習の工程のうち、特徴量設計から学習までを自動化します。

これを使うことで、皆様はデータの収集・データのクレンジング・検証に時間を費やすことができます。

TPOTの事前準備

まずはTPOTの事前準備です。

Windows10とMac OSXの方は番外編Pythonの環境設定の記事をご覧になり、Anacondaのインストールをしてください。

Anacondaをインストールすると、pipコマンドとJupyter Notebookが使えるようになります。pipコマンドでTPOTをインストールし、Jupyter NotebookでTPOTをインストールできたことを確認します。Linuxの方は、Python3.4以上とpipコマンド、iPythonが使えることを確認してください。

以下で、Windows10, Mac OSX, Linux編とありますので、お使いのOSの部分を読んでください。以下のリンクをクリックするとその個所に移動します。

Windows10編

1.スタートメニューからAnaconda3を探し、Anaconda Promptoを開きます。

2.公式ドキュメントに沿って、TPOTを動かすのに必要なモジュールをインストールします。

pip install deap update_checker tqdm stopit

 

3.TPOTをインストールします。

pip install tpot

 

4.Jupyter Notebookを立ち上げます。次のコマンドでTPOTをインポートしてエラーが出なければ、TPOTの準備は完了です。

from tpot import TPOTClassifier

 

Mac OSX編

1.Spotlight検索(https://support.apple.com/ja-jp/HT204014)からTerminal.appを検索します。

2.TPOTに必要なモジュールをpipコマンドでインストールします。

pip install deap update_checker tqdm stopit

 

3.TPOTをインストールします。

pip install tpot

 

4.Jupyter Notebookを立ち上げます。TPOTをインポートしてエラーが出なければ、TPOTの準備は完了です。

from tpot import TPOTClassifier

 

Linux(Ubuntu)編

1.ターミナルからTPOTに必要なライブラリをインストールします。

pip3 install deap update_checker tqdm stopit

 

pip3コマンドが見つからない場合はpipコマンドを使ってください。

2.TPOTをインストールします。

pip3 install tpot

 

3.ここではipythonを使って検証します。ipython3コマンドでipythonを実行します。

ipython3

 

4.tpotをインポートします。エラーが出なければ、TPOTを使う準備完了です。

from tpot import TPOTClassifier

 

次回

次回は実際にTPOTを使って分類問題を解いてみます。

ほんの2~3行書くだけで学習が終わるので、感動しますよ。