Power BI Desktop に Excelデータを読み込む

Power BI Desktop に Excelデータを読み込む

前回までで、第1回「BI(ビジネスインテリジェンス)ツールとは何?」および第2回「Power BI Desktop のインストールのインストール方法」について説明しました。

BI(ビジネスインテリジェンス)ツールで先ずすべきは、外部にあるデータの読み込み(データ取得)です。

今回は、主にExcelからデータを読み込みデータ取得する方法について説明します。

Power BI に読み込めるデータ

Power BI読み込めるデータとして……

  • 表計算系(Excelなど)
  • テキスト系(CSVファイルに保存されている文字など)
  • データベース系(Access、MariaDB/PostgreSQLなど
  • Web系(Facebookなど)

……などがあります。

ちなみに、表計算系のデータはPower BI上では「ファイル」と表記され、データベース系の「MariaDB」はPower BI上では「MySQL」と表記されます。データベース系の場合には、リレーションシップ機能があります。

百聞は一見に如かずということで、実際のPower BIで「データを取得」の画面を見てみましょう。

Power BIを起動し、[データを取得]をクリックします。

[ファイル]や[データベース]を選択すると、読み込めるファイルやデータベースの一覧を見ることができます。

数多くのデータの取得が可能になっています。

今回は、Excelファイルからデータを取得する方法について説明します。

データベース系に関しては、次回以降に説明します。

利用するExcelのサンプルファイル

今回は、Microsoft社が公開している財務系のサンプルデータを使います。

以下からダウンロードしてください。

Excelのサンプルファイルのダウンロード
https://docs.microsoft.com/ja-jp/power-bi/create-reports/sample-financial-download

もしくは、以下をクリックしダウンロードしてください。

Financial Sample.xlsx

ダウンロードしたExcelファイルを開くと、次のような感じになっていると思います。

Excelファイルからデータを取得する流れ

では、Excelファイルからデータを取得する流れを説明します。

Power BIを起動し、[データを取得]をクリックします。

もし、このような画面が表示されない、消してしまった場合は、以下の手順で読み込みます。

  • ①「ホーム」タブ→「データを取得」をクリックする
  • ②Excelをクリックする

話しを戻します。

通常は、Power BIを起動し[データを取得]をクリックすると、「データの取得」画面が表示されます。

ここで……

  • ①データ取得
  • ②接続

……の順にクリックします。

ダウンロードしたサンプルデータ「Financial Sample.xlsx」を選択します。

 

次のような「ナビゲーター」画面が表示されます。

  • ① [financials]のチェックボックスをONにします
  • ② [読み込み]をクリックしデータを読み込みます

ちなみに、[データの変換]をクリックし、データを編集し読み込みをすることができます。

Excelファイルからのデータ読み込みは以上です。

データ読み込み後には、次のような画面が表示されていると思います。色々いじってみて頂ければと思います。

先ほど、[データの変換]をクリックし、データを編集できると言いました。

よくある使い方は、不要なデータ列(フィールド、変数、カラムなどとも呼ばれる)の削除です。

ナビゲーター」画面で[データの変換]をクリックすると、「クエリエディター(≒データ編集)」画面が立ち上がります。

例えば、[Segment][Country][Discount]のフィールドが不要な場合、3つのフィールドを複数選択し、削除します。複数選択方法はExcelの操作感と同じで、Ctrlを押して、複数選択して、[削除ボタン]を押します。

ただし、Excelのような取消機能がないため、削除する場合は慎重操作してください。

次回

今回は、主にExcelからデータを読み込みデータ取得する方法について説明します。

次回はデータベース系の「PostgreSQL」「MariaDB」「Access」「Web」のデータ取得を説明します。