Power BI Desktop で Wikipedia データからレポート作成

Power BI Desktop で Wikipedia データからレポート作成

BI(ビジネスインテリジェンス)ツールで先ずすべきは、外部にあるデータの読み込み(データ取得)です。

前回は、Web上のデータを取得する方法簡単なデータ加工について説明しました。

Web上にあるデータを取り込んだら、加工しレポートを作成します。前回は、簡単なお話しをしましたので、今回は、レポート作成について簡単にお話しします

取得するWeb上のデータ

今回は、UEFA欧州選手権 Wikipediaページのデータを取得します。

UEFA欧州選手権
https://ja.wikipedia.org/wiki/UEFA欧州選手権

「UEFA 欧州選手権 Wikipediaのデータ」を取得する

①「データを取得」→②「Web」をクリックします。

URLに以下を入力し、②「OK」をクリックします。

https://ja.wikipedia.org/wiki/UEFA%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9#%E7%B5%B1%E8%A8%88

代表別通算成績[編集]のチェックボックスをONにして、②「読み込み」をクリックします。

[データビュー]をクリックし、下記のようなテーブルが表示されていればOKです。

レポートの保存は、保存ボタンなどをクリックします。名前は分かりやすいものにしましょう。

レポート作成をする

レポートビューに切り替え、[視覚化] ウィンドウで、「マップ」をクリックします。[視覚化] ウィンドウで、作成したアイコンを選ぶことで、希望の視覚化を行えます。ちなみに、Excelと同様に「Ctrl+Z」で一つ前の操作に戻ります。

下図のようにマップの地図が表示されます。白地図が表示されたら、[フィールドペイン]「国・地域名」を白地図にドラックします。

[フィールド] ウィンドウCountry フィールドのチェックボックスをONにします。視覚化された地図が小さいため、地図の右端にドラッグし拡大します。

拡大すると、優勝国が円グラフとして表示されているのが分かるかと思います。

ここで、優勝回数に応じて円グラフのサイズを変え、どの国がどのぐらい優勝しているのかを視覚化します。

[フィールドペイン]「優」を、②[サイズ]にドラックします。

ドイツとスペインが多く優勝していることが分かりますね。

次回

次回は、 レポート共有”について解説します。